Relaxation

Body Work
本来の自分にもどる旅

オールハンドのボディトリートメント

ゆったりセラピー

(エサレン®︎ボディワーク/エサレンアプローチ)

リラックスしたとき人は本来のギフト(才能)が輝きだす

内側からあふれる本当の欲求と喜びを思い出す=感じることを取り戻す

『感じる力』『感覚する感性』『五感を癒し、自分に戻る時間』

身体をゆるめ自分の“感じるという感覚”を思い出した時、
忘れていた目の前の輝きを感じ、人生が豊かに広がっていく体験。

『ゆったり』とはすべてを委ね、コントロールのない深い安らぎの状態。
風の匂い、鳥の歌声、雨のリズム、安らかな音楽に手から伝わる暖かな温もり
セッションを通して全身で受け取る豊かさをぜひ味わってください。

カラダの声に耳をすます


カラダは今何を感じていますか?
背中はなんと言っていますか?

肩甲骨は何を語っているのだろう

腕は?足は?お尻は?

わたしに何を伝えてくれているのだろう
カラダの声に耳をすます時間
見えないココロの声をカラダは全部知っている


カラダにおこる感覚に意識を向けた時
自分の中にある本来の自分の時間の流れを取り戻し
内側からあふれる素直な欲求が湧き上がる
本来の自分の姿にもどる旅の始まりです

感覚をひらいて受け取る豊かさ
 

あわゆいのマッサージは
カラダに働きかけることはもちろん
五感や六感など全身の感性で
“感じる”ことをとても大切にしています

それは、

肌へ触れる感触
ご自身に流れる氣の巡り
雨や風や鳥のさえずりなど
外から聞こえる自然の音
そして
自然界からもたらされた
植物の香り

など

感覚をひらいて
感じる豊かさを受け取っていただきたいと思って
施術させていただいています


お部屋の空間の浄化を大切にし
使用するシーツやタオルなども
天然リネンやオーガニックコットンなど
人にも地球にも心地よいものを使用しています
使用するオイルや精油も
自然との調和を大切にするメーカーのものを選んでいます

どうぞ心地よいひと時をお楽しみください

ぜひ温泉であたたまってからお越しください

サロンのある大湯温泉郷は開湯800年の歴史のある温泉がさまざまにあります
ぜひお身体を温めてからのセッションをお勧めします

大地から湧き出る火と水のパワー

地球の癒しを身体の芯から味わってください

エサレン®︎ボディワークとゆったりセラピー

ゆったりセラピーのルーツは、エサレン研究所という
カリフォルニア州にある心理学、ボディワークの世界的な研修センターであり、

ビッグサー温泉といわれるリトリート施設で育まれた
エサレン®︎ボディワークという、
全身オイルトリートメントです。

その後、鎌田麻莉氏により日本での実践が続けられる中で、日本の風土や文化に育まれた繊細さが加えられ、

和の身体技法を施術者が実践すべきメソッドとして位置づけた「ゆったりセラピー」の様式が生まれました。

 

ゆったりセラピーとは

 「ゆったり」とは、心身一如の状態をあらわし、心とからだの調和がとれていることを意味します。

健康で生き生きとしている様子を表します。
日本にセンサリーアウェアネスを伝えた、ジュディス・0・ウィーバーは、2014年10月18日に行われた、日本ソマティック心理学協会設立記念フォーラムの特別講演で、「1955年、ニューヨークのニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチという学術機関で、エーリヒ・フロームはシャーロット・セルバーとの共同講演を行い、頭とからだの分離は現代文明の特徴的病理であると話しています。」と述べています。
現代文明の特徴的な傾向、「頭とからだの分離」とは、全身を使って感じ取ることができる感覚、例えば、動き、バランス、重さ、方向性、筋肉、強さ、弱さ、骨格、そして、そうした感覚全体の統合感を失うことを意味します。本来、私達は、生まれながらにして、自分自身を一つの統合された存在と認識し、自らの内的な欲求に気付き、それに自然に応え、反応する能力を備えています。そうでなければ、からだはつながりのないバラバラの部品の集まりのようであり、自ら、ハイハイをし、立ち上がり、そして歩くというような発達は、起こりません。
ゆったりセラピーとは、そうした本来生まれながらにして誰でも備わっている能力でありながら、現代社会の環境の中で失いがちな「心身」の自然な能力を「触れること・触れられること」を通して取り戻し、「ゆったり」感、心とからだの統合感、内的な充足感といった”豊かさ”を共有していく試みです。

一般社団法人ゆったりセラピー協会

​ゆったりセラピー 理念

ゆったりセラピー公式HP Photo Blog (わたしくなりたいつかが担当しております)

セッションメニューはこちらから

© 2020 あわゆい

  • inst
  • fb