top of page
検索

痛みの道しるべ







交通事故で

痛めてしまった首筋が

セルフマッサージと

温泉でピタリと痛みが消え去ったこと


虫垂炎になり

緊急手術を受けて

痛み止めが身体にあわず

薬なしでの退院後

本当に痛かった傷が

穏やかな

ヒーリングミュージックで

静かに消えていったこと



どちらも

大きな緊張状態から

解放された時に

本来の自分の呼吸とともに

痛みが解放されたというお話し



極端にいうと


赤ちゃんや子供が

転んだりぶつけたりした時


その出来事にびっくりして

わんわんと大泣き


でも


自分の好きなこと

遊ぶことに意識が戻った時


あれ!?

さっきのはどこへいったの?


というくらい

ピタッと痛かったことを忘れて

遊びに夢中になっている

みたいな感じでしょうか



ちょっと話が飛びすぎかな!?





痛みや病気は

その人にとって

大きなギフトであって


無理しちゃっているよ

そっちじゃないよ

大切なことに気づいてね

あなたは一人じゃないよ

愛を持って

教えてくれているサイン


そして時にして

その人にとって大きなステージアップへ導いてくれるもの



さっきの例で言うと

赤ちゃんにとっては

それは危ないですよということを知る

大切な経験



そのメッセージに

向き合うと同時に

身体の声に

耳をすますと


すーっと


自分の進む道が

見えてくる



生きている中で起きる

一見悲痛な出来事は

光へ続く大切な階段



その階段を一歩一歩

のぼるのは


他でもないわたし自身



自分のカラダやココロ

進む道は

誰かが決めるものでもないし

誰かが守ってくれるものでもない



自分を無意識の緊張の中へ連れていことなく

何かにコントロールされることなく

自分の心からの喜びに従って

生きていくことが

わたしらしく生きる歩き方なのだと

感じています





まずは自分がいったい今

どんな状態なのか

どんなステージにいるのか

自分のカラダとココロに

問いかけてみませんか?


Comentarios


bottom of page